代表プロフィール

代表プロフィール

井手敏郎(いでとしろう)

グリーフ専門士(グリーフカウンセラー)
ペットロス専門士(ペットロスカウンセラー)

一般社団法人 日本グリーフ専門士協会 代表理事
グリーフケアの学校 グリーフ専門士・ペットロス専門士養成スクール 校長
アライアント国際大学カリフォルニア臨床心理大学院(日本校)にて米国臨床心理学修士号(MA)取得

修士論文『死別悲嘆の理解とこれまでのモデルの検討:臨床サポートのための統合的なモデルを目指して』
著書『金融機関行職員のためのグリーフケアを意識した相続の手続きと上手な接遇方法』近代セールス社

依存症回復機関JAAI エリクソンヒプノシス・マスタープラクティショナーを取得
米国NLP(TM)協会 NLPマスタープラクティショナーを取得
プロコーチ養成スクール チームフロー卒業

幼少時の喪失体験をきっかけに悲嘆ケアに関心をもち、国内外の複数の団体でグリーフケア、カウンセリングを研究。
ドイツではエイズホスピスをはじめ、10箇所以上の施設で終末期の支援を学び、オレゴン州のポートランドのダギーセンターでは、子供向けのグリーフサポートのトレーニングを受けた。

アドラー心理学をヒューマンギルドの岩井俊憲氏、そしてアメリカに伝わるアドラー心理学の「シカゴ学派」「ニューヨーク学派」「サン・フランシスコ学派」に精通し、アドラー心理学大学院教授を務めたジョセフ・ペルグリーノ博士に学ぶ。

心理大学院で修士号を取得し、臨床心理学の視点(アドラー心理学、家族療法、ゲシュタルト療法、ナラティブ療法、依存症アプローチなど)から、グリーフケア・ペットロスケアの専門職(グリーフ専門士・ペットロス専門士)を養成する。

アルコール・ドラック依存症に有効なヒプノシスを20世紀最大のセラピストと称されるミルトン・エリクソン博士の息女、ロクサーナ・エリクソン・クライン博士、米国催眠療法協会(ABH) で学び、臨床催眠療法博士・故上野直樹氏の最後の弟子となり全てを託される。

その他、精神科クリニックでのグリーフケア・プログラムの担当や、大学病院の緩和ケア病棟での実習、NPO法人の依存症回復支援施設でのカウンセリング経験を踏まえ、インターネットでの遺族支援のわかちあいの会「グリーフサロン 」や上野駅前サロンにて「哀しみの保健室」(グリーフケアCafe・ペットロスケアCafe)を開催。
ご遺族の個人カウンセリングやセラピーも続けている。

現在はグリーフケアの研修を全国で開催。
看護、介護、金融(相続)関係を中心に毎年、年間200回以上の研修や講演を行う。

カテゴリー

  • カテゴリーなし

プロジェクト一覧

訪問者数

  • 1295現在の記事:
  • 59700総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 89昨日の閲覧数:
  • 703先週の閲覧数:
  • 618月別閲覧数:
  • 62一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP