グリーフケアとは

初めて来られた方はこちらをご覧ください。代表の井手の音声で「グリーフとは何か」を視聴いただけます。

あなたは、
「体調管理はしているのに、このところずっと日常生活に違和感がある」
ということはないでしょうか。

最近、看護師や介護士などの対人支援をされる方で、

「なぜだかわからないけれど、仕事がつらい」

「身体の調子が悪く、何をするのもおっくう」

「環境はそれなりなのに、今ひとつと調子がでない」

「更年期障害といわれて処方箋を出されたけど、なんかスッキリしない」

原因がよくわからない心や身体の不調を感じるという人が増えています。

その原因はもしかしたら、
「グリーフ」という状態だからかもしれません。

グリーフとは悲嘆という意味です。

中でも死別による「悲嘆とその反応」をグリーフと表現することがあります。

「意味はわかったけど、身内と死別した覚えはないよ」
という方もいるでしょう。

グリーフは、必ずしも身内に限ったことではありません。

「心理的距離が近い人」との別れによって起こされる悲嘆の反応です。

「心理的な距離が近いといっても、親友で亡くなった人もいないし、ピンとこないなぁ」
といわれる方もいらっしゃるでしょう。

心理的な距離の近さは友達に限ったことではありません。
ご遺族の方はもちろん、支援者であれば、亡くなった患者さんや利用者さんの中にも、心理的な距離が近い方は存在します。

「たしかに一生懸命向き合った方が亡くなったことはあった。でももう、5年以上前の話だし」
といわれたことがあります。

しかしグリーフによる心や体の痛みは、きちんと気持ちの整理がされていない場合、年を経て引き起こる可能性があります。

その痛みは自分が最近向きあった相手でなく、幼いときに亡くなった親との別れがあるかもしれません。

「母が死んだのはもう15年も前だから、今は特に気にしていない」
という方もいます。

しかしそんなあなたにも大きな影響を与えているのがグリーフかもしれません。

ふだん意識していない場合でも、グリーフはなんらかの影響をあなたに与えている可能性があります。

悲しみ、不安、恐れ、混乱、怒り、罪悪感、空虚感、無力感……
などの気持ちの揺らぎはもちろんですが、
疲労、動悸、息切れ、頭痛、不眠、過眠、拒食、過食、吐き気、無感覚……
といった体調の変化、人間関係の違和感、生きている理由がわからないといった実存的な悩みまで影響が及びます。

しかし、グリーフを心得た支援者との関わりや、周いの思いやりのある対応の中で、
安心して哀しみを語り、本当の気持ちを共有できる関係の中で、心の奥の痛みは徐々に和らいでいきます。

私たちグリーフ専門士・ペットロス専門士は、心理支援に携わる専門士である前に、
同じような痛みを抱えた同行者(友人や仲間として)として関われることを大切にしています。

グリーフケアがあなたにとって大切なものと繋がるきっかけになればと願っています。

 

代表の井手敏郎によるグリーフケアの音声講義です。

グリーフ専門士(音声版)(サンプル)

PAGE TOP