協会へのご依頼

Activities

研修・講演・執筆・取材をご希望の方へ

グリーフとは大切な人との死別や喪失体験による悲嘆とその反応のことです。

日本では、1日に約4,300人近くの方がお亡くなりになります。もし、その方に、ご家族ご友人など、3人の近しい方がいらっしゃったとすると、毎日13,000人以上の方が何らかの形で死別を経験されることになります。年間で500万人以上の方が心の痛みを抱えている可能性があるのです。

またご遺族のみならず、患者様や利用者様の死と向き合った職員の仕事や日常生活にも影響することが少なくありません。

哀しみを抱えた方に寄り添うために本当に大切なことはなんでしょうか。

日本グリーフ専門士協会では、研修を始め、執筆や講演、取材を通して、ご遺族の心理を配慮する知識や関わり方をわかりやすくお伝えします。


講演・研修・執筆ご依頼はこちら