メディア

『朝日新聞』(2018年10月15日朝刊)』

 

協会代表の講演会が『朝日新聞』朝刊(熊本版)で取り上げられました。


『朝日新聞』(DIGITAL)

 

『朝日新聞DIGITAL』介護とわたしたち(2018年1月30日)にグリーフケアCafeの活動が取り上げられました。

大切な人との別れなど喪失による悲しみ(グリーフ)を語り合うカフェイベントが和歌山市内で開かれている。聞き役は、多くの人を看取(みと)り、家族らを支えてきた医療・介護職の女性たち。それぞれのペースで悲しみに向き合い、生きる力を育んでほしいと願い、活動を続けている。

主催者の一人、武田悦子さん(46)=和歌山市=は訪問看護の仕事で、多くの死に立ち会ってきた。「(患者が)亡くなった後、家族の『その後』が気になっていた。人が亡くなることについて、感じた気持ちを安心して話せる場所を作りたいと思った」

「日本グリーフ専門士協会」(事務局・茨城県)の養成講座を受けた仲間と「和歌山グリーフ専門士の会」を設立。2016年秋、喪失体験について話し合うカフェ形式の催し「グリーフケアカフェ mana(マナ)」を始めた。

 


『ニッポンの社長』

 

協会代表がニッポンの社長の取材を受けました。


https://www.nippon-shacho.com/interview/in_grief-school/


『高齢者住宅新聞』

 

2016年2月3日号 高齢者の暮らしを演出するプロ

”学んで得する介護・福祉業界の民間資格”のコーナーで、

グリーフ専門士を紹介していただきました。


『ニュース和歌山』

 


『読売新聞』その他多数

 

カテゴリー

  • カテゴリーなし

プロジェクト一覧

訪問者数

  • 45現在の記事:
  • 7848総閲覧数:
  • 21今日の閲覧数:
  • 62昨日の閲覧数:
  • 440先週の閲覧数:
  • 1126月別閲覧数:
  • 33一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP